歯科顎関節症|金沢文庫の歯医者

金沢文庫の歯医者なら、かまりや歯科医院

0457822980

【受付時間】9:00~13:00・15:00~19:00
【休診日】火曜日・土曜午後・日曜日・祝日

歯科顎関節症

顎関節症とは

口が開けにくくなったり、コキッ(クリック音)と音が鳴る

顎関節症とは

顎関節症とは、顎関節部にあらわれるいろいろな症状や下顎骨を動かす咀嚼筋の痛みなどの症状を総括したものです。原因は噛み合わせの異常だけではなく、くいしばりや歯ぎしり、ストレスや生活習慣などが考えられます。

症状が長期にわたると、関節自体に変形があらわれることもあります。治療は原因の除去や、スプリント療法、マッサージなどの理学療法が主体となります。

顎関節症の分類

顎関節症はその主体となる症状から次のように分類されます

Ⅰ型 咀嚼筋痛障害

主な下顎骨を動かす筋肉(咀嚼筋)には咬筋(頬部)、側頭筋(こめかみ部)、顎二腹筋(顎の下)、内側翼突筋、外側翼突筋などがあります。これらの筋が何らかの原因で緊張し、血流が悪くなるために痛みが生じるものです。頭部や首、肩などにも痛みを伴う場合が多い。

II型 顎関節痛障害

顎を強くぶつけたりなど、外傷によって関節炎や滑膜炎を起こした状態。

III型 顎関節円板障害 a.復位性 b.非優位性

関節円板が変形したり、ずれた状態になり、口が開けられなくなったり、開咬時コキッっと音がなる(クリック音)状態。

IV型 変形性顎関節症

顎関節を形成する関節頭が変形し、滑膜炎など周囲組織の炎症を伴うと痛みが生じる。関節リウマチの方に多い。

顎関節症の治療

次のようなアプローチで治療を行います

顎関節症の治療

I型 スプリント療法

歯にマウスピースのような装置をつけ、顎関節や筋肉への負担を軽減し、症状を緩和する方法です。

II型 薬物療法

炎症による痛みや、筋肉の緊張が強い場合は、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤を用いたりします。

III型 顎療法

顎を動かす訓練や、低周波治療器による筋肉の緊張緩和、筋のマッサージ療法など。

IV型 外科療法

他の保存的治療で症状が改善されない場合は、関節腔内洗浄療法や関節鏡などが適応となります。

金沢文庫の歯医者なら、かまりや歯科医院

〒236-0042 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東6-5-9

ご予約・お問合せはお気軽にどうぞ

pagetop